変化しつつも変わらずそこにあるもの、気づけば目にしていること.。

感情や音、匂い、情景・・・時間の記憶。

ちょっとした発見と閃き、そして遊びごころ。

ものづくりに境界線をひかず、自由にかたちを描き身に纏う。

 

「日常の観点」が少しだけ変化するようなジュエリーを。

そのような想いから作品はうまれ、ひとつひとつ手でつくっています。

それらが誰かの手に渡ったとき、新たな彩りが加わることを楽しみにしています。


eri,